ティー・アンド・エス 、東京都港区の貸金業者。自宅への訪問。時効援用。アエル、オリエント信販、プロマイズ

過払い金を取り戻すなら伊藤 謙一法務事務所

 時効援用専門ページ 時効援用代理人の現場ブログ 依頼人の声 司法書士の紹介  事務所案内 時効の基礎知識 

 時効主張の実績 時効代理人司法書士の奮闘記 債権回収会社等の訴訟対応 ご相談の受付 報酬 業務の流れ 

「ティー・アンド・エス」と時効
東京都港区のティーアンドエスへの時効援用。

《ティーアンドエスの訪問》 時効代理人司法書士の奮闘記 時効援用の実績
 
東京都港区のティーアンドエスは、 「アエル」「オリエント信販」「タイヘイ」「ベルーナ」「クリバース」「プロマイズ」「アース」などから債権譲渡を受けて債権回収をしています。「和解案のご案内」「訪問予告通知」「訪問に関する御連絡」「支払通告書」「支払意思確認通知」「最期通告書」などの通知が行われます。

 突然、「自宅を訪問」して来る場合があります。自宅に来た際に、返済や安易に債務を認める発言をすると時効が主張出来なくなる場合があります。注意下さい。

 相手に連絡をして、安易な発言をすると時効を援用できなくなる場合があります。相手は債権回収のプロです。自分での対応はリスクがあります。弊所は、ティーアンドエスに対する時効実績が多数あります。最終取引から約5年が経過している方は実績多数の弊所にご相談ください。

 株式会社ティー・アンド・エス(旧:貴善)※東京都港区の貸金業 「アエル」→「クリバース」の事案。
「オリエント信販」→「プロマイズ」の事案。
「アース」「キャスコ」「ラインズ」→「さくらパートナー(RHインシグノ・リラエンタープライズ)→DFSの事案。
「アップル(DFS)]→「クリバース」の事案。
「タイヘイ」「日本プラム」「ベルーナ」「エイシン産業」「センチュリー」「エヌエーファイナンス(ユニオン保証サービス)」等、から債権譲渡の事案。


平成16年開業、時効主張(時効援用)に専門特化。依頼人の声(必見) 

相談受付フォーム相談フォーム スマホから相談フォーム(モバイル)


突然の「自宅訪問」に注意!!

 訪問してくるのはティーアンドエスから委託を受けた「ネットコミュニケーションズ」(Net Communications)という大阪府高槻市の会社の社員です。「通知配達担当者」として訪問をしてきます。

 「まさか、ここまで来ないだろう」と思ったら大きな間違いです。突然来ます。
 恐怖のあまり自宅に帰られなくなった方もいます。

「最期通告書」と時効対応》

 東京都港区の貸金業者ティーアンドエスから「最後通告書」が送られてくる場合があります。

 内容は。「前略、先日貴殿に対し、下記旧債権者の債権を譲り受けた旨を通知し、支払の意思を確認する為、再度通知致しましたが、何等誠意ある回答は示して頂けませんでした。諸事情はあるのかと思いますが、誠意ある対応が無い以上、当社としては、本件譲受債権を全額お支払頂く為に、法律上可能な限りの措置を講じる方針です。」

 「つきましては、本書面をもって話し合いに応じる用意は最後の機会とさせて頂きます。もし話し合いを御希望の方は、下記連絡期日までに、必ず御連絡を下さい。又、連絡の無い方に関しましては、当社からご訪問させて頂くこと等の対応に移ります。そのような事態になれば、経費等も掛かる為、減額や利息の減免等の措置を一切図れなくなる旨あわせて通告致します。 早々」

 「債権内容の表示」に「弁済期」の記載があります。そこから約5年が経過している方は、債権者に連絡をしたり、返済をする前に一度時効についてご相談ください。

 当然ながら、債権者に連絡をすると返済を求められます。債務の承認行為を行うと、時効が主張できなくなる可能性があります。ご注意ください。最終返済から5年以上経過している方は、安易に債権者に連絡をせず、弊所にご相談ください。


「和解案のご案内」の通知と時効対応》

 東京都港区の貸金業者「ティー・アンド・エス」から、「和解案のご案内の通知がされています。

 「貴殿と柔軟に対応すべく用意はしてきましたが、ご理解頂いていなかったのではないかと思っております」「和解提案という形で、貴殿の債務圧縮の協力に一役立てればと思い、書面を発送させて頂きました」という類の通知です。

 今回の通知は、原債権者が「オリエント信販」で、「プロマイズ」さらに「ティーアンドエス」に債権譲渡がされている事案です。他、原債権者が「アエル」から「クリバース」に債権譲渡されている事案もあります。

 時効になれば、遅延損害金だけでなく元金も返済をする必要がなくなります。安易に相手の提案にのると時効援用が出来なくなります。最終返済から5年以上経過している方は、安易に債権者に連絡をせず、弊所にご相談ください。


「訪問予告通知」と時効援用》


 ティーアンドエスから延滞債務者に「訪問予告通知」が送られる場合があります。

 原債権者が「オリエント信販」で、「プロマイズ」さらに「ティーアンドエス」に債権譲渡がされている事案又は原債権者が「アエル」から「クリバース」に債権譲渡されている事案があります。

 「訪問予告通知の内容としては、「貴殿は当社より再三に渡り送付しております通知に対し、何等誠意をお示して頂けませんでした。従いまして、このまま同様の対応では御支払頂けないと判断しました。」

 そこで貴殿に対する債権の支払いを求めるべく不本意ではございますが、訪問折衝手続きに移行する事に決定致しました。現時点に於いては、訪問にかかる費用・日数等の算定は終了しております〜」等の記載があります。

 私の確認した通知では、「弁済期」の記載があります。そこから約5年が経過している方は、債権者に連絡をしたり、返済をする前に一度時効についてご相談ください。


「訪問に関するご連絡」と時効援用》


 ティーアンドエスから延滞債務者に「訪問に関するご連絡」が送られる場合があります。

 本書では「タイヘイ」から債権譲渡をティーアンドエスが受けた債務です。

内容としては、「貴殿は当社より再三に渡り送付しております通知に対し、何等誠意をお示して頂けませんでした。従いまして、このまま同様の対応では御支払頂けないと判断しました。」

 「そこで貴殿に対する債権の支払いを求めるべく不本意ではございますが、訪問折衝手続きに移行する事に決定致しました。」

 「
尚、こちらから訪問することになった場合は費用等も掛かる為、柔軟なお支払い方法の選択は出来兼ねますので下記期限までにまずはご連絡をください」「連絡なき場合には、突然の訪問となります旨、ご了承下さい」等の記載があります。

 私の確認した通知では、「弁済期」の記載があります。そこから約5年が経過している方は、債権者に連絡をしたり、返済をする前に一度時効についてご相談ください。


「不在通知」と自宅訪問》

 東京都港区の貸金業者ティーアンドエスは自宅訪問を行ってきます。不在の際は以下の書類を置いていきます。

 「不在通知」として、内容は次の通り。「前略、本日弊社が譲り受けた債権の支払の件について伺わせて頂きましたが、ご不在のようでしたので、本書面を置いておきます。尚、本書面を御覧になりましたら、相談にのる用意もありますので、速やかに連絡下さい。一定期間経過した後については、一括回収含む債権保全行為を強化することにもなります旨、注意喚起します。」以上です。

 突然、自宅に訪問をされると誰しも恐怖を覚えます。自宅に帰れなくなるほど不安に陥った方もいます。最終返済から約5年が経過している方は、債権者に連絡をしたり、返済をする前に一度時効についてご相談ください。


「支払通告書」と時効主張》

 東京都港区の貸金業者「ティー・アンド・エス」から、「支払通告書」が通知される場合があります。

 内容は、「前略、弊社が、下記旧債権者から譲り受けました債権の支払に関して、貴殿より、意思を示して頂けませんでしたので通知致しました。貴殿は、債権譲渡人から金銭を借り受けたにも関わらず、その返済を長期間放置されております。」

 「弊社と致しましては、何等かの事情があったのであろうと推測をしておりますが、当社からの連絡に於いても放置を継続されている次第です。弊社と致しましてはご事情を伺った上でご相談に応じる用意はございますので、話し合いによる解決を希望される方は、下記連絡期限までにご連絡下さいませ。尚、電話連絡できない方は、連絡期限までに下記金額を一括にてお振込み下さい。 早々」

 「債権内容の表示」に「弁済期」の記載があります。そこから約5年が経過している方は、債権者に連絡をしたり、返済をする前に一度時効についてご相談ください。

 当然ながら、債権者に連絡をすると返済を求められます。債務の承認行為を行うと、時効が主張できなくなる可能性があります。ご注意ください。最終返済から5年以上経過している方は、安易に債権者に連絡をせず、弊所にご相談ください。


「支払意思確認通知」と時効主張》

 東京都港区の貸金業者「ティー・アンド・エス」から、「支払意思確認通知」がなされる場合があります。

 内容は。「前略、弊社が、下記旧債権者から譲り受けました債権の支払に関して、貴殿より何等意思表示がありませんでしたので、通知致しました。貴殿は契約証書に則って、残債務を一括にて支払しなければなりませんが、下記期限内に御連絡頂ければ、御支払の相談に乗ることも可能です。」

 「また、一括弁済希望ならば現在ある遅延損害金の減額も可能です。分割支払いしか出来ない方も分割による支払方法の用意が御座います。なかなか連絡し難い気持ちもわかりますが、連絡を頂かない限り、本件の解決は出来ません。」

 「本書面到達後速やかに御連絡があった方から、より支払しやすい和解とさせて頂きますので、生活苦・多重債務等でお悩みなら、いち早く対応するのが望ましく思います。お電話お待ち申し上げております。早々」

 「債権内容の表示」に「弁済期」の記載があります。そこから約5年が経過している方は、債権者に連絡をしたり、返済をする前に一度時効についてご相談ください。

 当然ながら、債権者に連絡をすると返済を求められます。債務の承認行為を行うと、時効が主張できなくなる可能性があります。ご注意ください。最終返済から5年以上経過している方は、安易に債権者に連絡をせず、弊所にご相談ください。


「ご連絡」と時効主張》

 東京都港区の貸金業者「ティー・アンド・エス」から「ご連絡」が通知される場合があります。

 「前略、弊社から数度通知させて頂きましたが、お読み頂けましたでしょうか。お支払の再開が遅れると、弊社と致しましても、お客様のご融資の希望に沿えなくなる等の不利益が生じないかと心配しております。それだけではなく利息も日々増えております。一日も早いご連絡をお待ちしております。弊社としては、お客様にあわせた返済計画をご用意しております。」

 ※尚、ご連絡頂ける方におかれましては、1週間以内に上記連絡先までご連絡下さいませ。
 ※ご用命がございましたら、ご融資の相談も検討させて頂いております。
 ※融資の申し込みに際しては弊社所定の審査がございます。
 ※審査の結果によって、お客様のご希望に添えない場合がございます。
       
 という内容の通知です。                                                             

 「債権内容の表示」に「弁済期」の記載があります。そこから約5年が経過している方は、債権者に連絡をしたり、返済をする前に一度時効についてご相談ください。

当然ながら、債権者に連絡をすると返済を求められます。債務の承認行為を行うと、時効が主張できなくなる可能性があります。ご注意ください。最終返済から5年以上経過している方は、安易に債権者に連絡をせず、弊所にご相談ください。


「債権譲渡通知はお読みですか」と時効主張》

 東京都港区の貸金業者「ティー・アンド・エス」から債権譲渡通知はお読みですかが通知される場合があります。

 「前略、過日弊社が、下記旧債権者から譲り受けました債権に関する通知を送付させて頂きました。残高に相違がある、借りた覚えがない等、お客様の認識と相違ある点があれば、お早目に御連絡下さいませ。」

 「又、お支払の相談をご希望のお客様においても、お早目にご連絡頂けますよう、宜しくお願い致します。弊社としては、お客様にあわせた返済計画をご用意しております。」

 「又、追加のご融資の相談についても対応させて頂いております。ご質問等の相談も、お気軽にして頂ければと思っております。ご用命については、下記連絡先までご連絡下さいませ。」

 ※融資の申し込みに際しては弊社所定の審査がございます。
  審査の結果によって、お客様のご希望に添えない場合がございます。
  貸付条件の確認をし、借りすぎに注意しましょう。
 
 上記のような内容の文書です。                                                                   
 「債権内容の表示」に「弁済期」の記載があります。そこから約5年が経過している方は、債権者に連絡をしたり、返済をする前に一度時効についてご相談ください。

 当然ながら、債権者に連絡をすると返済を求められます。債務の承認行為を行うと、時効が主張できなくなる可能性があります。ご注意ください。最終返済から5年以上経過している方は、安易に債権者に連絡をせず、弊所にご相談ください。


「アンケートにお答え下さい」と時効主張》

 東京都港区の貸金業者ティーアンドエスから「アンケートにお答え下さい」という通知が来る場合があります。内容は以下の通りです。

 「人は人生一度や二度大きな失敗は誰しもあります。ただそれに向き合うチャンス(時期)を逃してしまい、放置してしまっている方が多くいらっしゃる事も事実です。約束は守らなければならないと云う『良心』をお持ちの方少しでもアドバイス出来ればと思っております。裏面のアンケートにお答えいただき、本書をご返送ください。」以上です。

 アンケートには返済の意思の確認や返済について尋ねる項目があります。記入して送り返してしまうと、債務の承認として時効の援用が困難になる場合があります。



 「司法書士あかね法務事務所」は平成16年の開業から、10年以上に及び、消費者側の立場より消費者金融、信販会社、銀行系カードローン、債権回収会社への時効の主張や支払督促や裁判など訴えられた方からのご依頼を受けて代理業務を多数行ってきました。

《全国対応》 ティーアンドエスへ時効主張(時効援用)。

 時効の主張の訴訟代理や裁判所提出書類の作成

 代理人として時効援用通知の作成と送付。

 大阪簡易裁判所をはじめ、『全国の簡易裁判所に対応』

 多くの債権回収会社や貸金業者との豊富な時効実績。



司法書士の詳しくは司法書士の紹介 時効の現場ブログ

評価のお声をたくさん頂いています。依頼人の声(必見)  時効代理人司法書士の時効日記

全国から沢山の依頼を頂いています。依頼をお受けした地域 時効の実績数 業務の質問Q&A

《ティーアンドエスの時効相談の受付》


◎ご相談は、『フォーム受付が必須』

 相談入力フォーム

※電話による相談受付は行っていません。

スマホから入力。
入力フォーム(モバイル用)

《ご依頼の際の参考情報》

報酬の説明 業務の流れ 時効援用の実績 

時効の活動報告 時効代理人の現場ブログ

依頼の際によく頂く質問  依頼人の声(必見)

《ご相談の受付はフォームが必須》 

 無料相談は、「フォームからの受付を必須」としています。原則、お電話による受付は致しかねます。

《架空請求か否かのお問い合わせはお控え下さい》

 「借りた覚えがない」「架空請求ではないか?」というお問い合わせは、お控え下さい。本ページをお読み頂ければ相当程度はご自身で判断が出来ると思います。当事務所が架空請求であるか否かについての判断はしません。借りた事実がある事や架空請求ではない事を前提として、時効の主張のご相談をお受けしていますので、お答えが出来ません。

 架空請求か否かの判断はこちらをご覧ください。 架空請求の見分け方


《報酬について》 もっと詳しい報酬の説明


《自宅訪問された場合の「対応法」

 債権者は、債権回収の為に自宅を訪問することもあります。

 
その際に、少額でも支払ってしまうと後日、時効を主張することが困難になります。訪問されたり、強い文言の請求書を見ると少しでも支払わないといけない気持ちになると思いますが、一拍置いて、時効期間が経過していないかどうかを考えてください。

 お金を借りている立場としては、何も支払わずに「帰ってくれ」とは言い難いと思いますし、相手も「手ぶらでは帰れないので少額でも支払ってくれ」と言ってくるかもしれませんが、時効期間が経過しているのであれば、支払ってはいけません。債務を承認するような発言もしないようにして下さい。

 本人が不用意な対応をすると、債務を承認した行為とされ、時効を主張できなくなる場合もあります。時効の期間を経過したと思ったら、ご相談ください。

「自宅への訪問」と、時効期間経過後の債務の承認》

 実際、自宅を訪問してきます。時効をお考えなら、自宅に来ても返済をせず、安易な発言をしないで下さい。

 来ないと思ったら大きな間違いです。ある日、突然、訪問をしてくることもあります。

 突然の訪問があると動転してしまうと思いますが、安易に対応をすると時効が主張出来なくなる場合があります。時効をお考えであれば、「とにかく帰ってくれ」の一点張りで対応してください。

 最高裁昭和41年4月20日判決により、時効期間が経過した後であるにもかかわらず債務者が返済をしてしまった場合、債務者が時効期間が経過していることを知らなかったとしても、時効の援用をすることができなくなる場合があります。

 よって、時効期間が経過しているのであれば、司法書士または弁護士にすぐに相談してください。

《時効援用と、債権者に「連絡をすることのリスク」

 時効となっている場合に、あまり不用意なことを話すと、『債務承認』とされ、時効が主張できなくなる可能性があります。

 電話をすると、まず、ナンバーディスプレイなどで、債務者の電話番号を知られることになります。その後は、債権回収会社や貸金業者から請求が電話でも来ることになるでしょう。連絡をした段階で「回収見込みのある債務者」になってしまいます。連絡をしなければ債権者は電話番号を把握できなかったのに、電話をしたばかりに番号を知られることになります。

 その際、不用意に勤務先の情報も知らせてしまえば、訴訟などの裁判上の手続きが確定後に強制執行をする先を自ら教えていると同じ事になります。

 電話では、債権者は返済に向けた会話しかしません。時効期間が経過していても、それについて触れることはあり得ません。また、債務を承認させるような言質をとろうとしてきます。債務を承認するような発言をすると、時効期間が経過していても時効を主張できなくなる可能性があります。貸金業者や債権回収会社は、証拠保全の為にその会話の内容を記録しています。また、実際に訴訟をされた時に電話での会話の内容を証拠として提出され、債務の承認の主張をされた事案もあります。

 「今日のところは、ほんの少額でよいから振り込んで下さい」「長期の分割に応じるから少しでも払ってほしい」「再契約をしたら無金利にします。」「支払うのなら遅延損害金を免除する」など、一見、債務者にとって有利な内容を提示してきます。これに応じてしまうと、債務を承認したことになりかねません。和解書への署名押印や実際に返済をしてしまうと、時効の主張は、かなり厳しいものとなります。

 債務者はお金を借りた当事者の弱みがありますから、債権者から直接、「何とか、少額でも支払って欲しい」と言われれば、応じざるを得ない雰囲気になるでしょう。お金を借りた当事者の弱みがありますので、当事者である本人が連絡しても、相手のペースで話しが進むと思います。

 上記の通り、時効期間が経過している場合、貸金業者や債権回収会社への接触は控えたほうがよいと思われます。法務大臣認定司法書士(遅延損害金を含まず元金140万円まで)であれば、相手からの連絡や交渉の一切を代理することが出来ますので安全です

 当事務所は債権回収会社や貸金業者への時効の主張や交渉など数多く手掛けてきております。貸金業者や債権回収会社との交渉や時効の主張は当事務所までご相談ください。


時効の主張のページに戻る

TOPへ


本サイトの代理業務の記述は、簡裁訴訟代理関係業務の範囲内である事を前提とします。