時効援用相談メールフォーム受付:アコム、アビリオ債権回収、ニッテレ債権回収、オリンポス債権回収、プロミス、子浩法律。

過払い金を取り戻すなら伊藤 謙一法務事務所

  時効援用専門ページ 時効援用代理人の現場ブログ 依頼人の声 司法書士の紹介  事務所案内 時効の基礎知識 

  時効主張の実績 時効代理人司法書士の奮闘記 債権回収会社等の訴訟対応 ご相談の受付 報酬 業務の流れ

《時効援用の受付:相談フォーム》

 本ページの記載は、重要な内容を含む為、必ずご覧ください。

・ご相談は「フォーム受付が必須」です。お電話による相談受付は致しかねます。


 ご相談は「依頼をご予定の方」に限りますご依頼頂けない場合、質問にお答えしません。

 ・
全国から受付が可能です。但し、事案により対応できない場合があります。

 ・
《重要》債権者や裁判所から送付された書類は、相談に必要です。外出の際にお持ち下さい。




 フォームに必要事項を入力後、「確認ボタン」を押してください。

 本フォームは、@「時効援用」A「現時点、簡易裁判所で訴訟や支払督促の被告となっており、時効の主張をしたい方」「依頼を希望の方」にご利用頂けます。

《弊所からの連絡について》

 フォームはいつ送信頂いて構いません。原則、フォーム受付後に電話による聞き取りを行った上で、回答致します。相手から送付されてきた書類などは外出の際にはお持ち下さい。

 「原則、当日中又は翌営業日」に順次、携帯へ「着信」を入れます。『058−271の局番』の番号です。土日祝は休日の為、連絡は致しません。

 着信は「ご相談に対応できる順番が来た」という意味です。お早目に折り返しのお電話をお願い致します。(平日10時〜14時又は16時〜18時迄。)お電話を頂けない場合、相談はキャンセルになったと理解します。

 ご相談により、回答が出来ないと判断させて頂く場合もあります。メールの送信ができる場合、お答えが困難である旨をメールでお伝えするときもあります。貴重なお時間を頂かないで済みます。

 ◎営業時間の変更等のお知らせをブログに適宜、掲載します。ご覧ください。

《ご相談と、「回答内容」について》

 ご依頼予定の方を、ご相談の対象としています。よって、「依頼をしたいが、もう少し詳細を聞きたい」という方への回答となります。報酬をお支払頂いて依頼する考えがなく、聞きたいだけという方はご遠慮ください。

 「時効の可能性の判断」、「報酬の説明」、「手続きの流れの説明」「依頼に際して不安な点」など「ご依頼を前提としての回答となります。他、司法書士が認める範囲で質問にお答えをします。

 具体的に依頼をお考えでない方から、「どうすればよいですか?」と聞かれても、お答えしません。ご依頼をされない方に「ご自身で対応する指導」も行っていません。

 相談をしたら、必ず依頼をしなければならないという訳ではありませんが、当然ながら、相談だけでは仕事が成り立たず、無制限な対応はできない点、ご理解ください。

 ◎報酬の詳細は報酬の説明

《司法書士の「相談に際しての考え」

 正直かつ率直に話すことを心がけています。表裏なく、正直にありたいと思っています。

 依頼を受けたいがために、耳障りのよいことを言ったりしません。メリットを与えられない可能性が大きいときは、「依頼をされない方がよい」とまで、お伝えするときもあります。ご相談時に問題がある部分が分かれば、きちんと説明してご依頼を頂くようにもしています。


 言えないことは「言えない」と申します。時効となるかどうかも「保証しません」と明言します。相談時に問題点が分かれば、そのポイントを説明することに時間を使います。多分、そんなことを言わなければ依頼は増えると思いますが、そうはしたくありません。

 期待させることは、あえて言いません。相談者は「時効になるとはっきり言って欲しい」と思っていることは十分に理解しています。ただ、依頼をお受けしても時効にならない場合もあります。

 耳障りの良いことを言うと、どうしても期待し、それが自然と膨らんでしまいます。時効となったら単純に喜んでもらえばよいだけで、悪い結果に備えた説明をしておくことが、本当に相談者の為になっていると、私は信じています。

 なお、ご相談される方は、私に依頼をしてもよいのか等の不安を感じておられると思います。当然のことです。ただ、反面、私もご相談者の事案をお受けして大丈夫か、信頼関係が結べそうか、を見ております。


ご相談の際の『注意事項』(必読)※お読み頂いたことを前提として対応します。

1.ご相談の順番が来ましたら、原則、ご申告の携帯番号へ着信(058−271の局番)をお入れ致します。
2.時効相談は、最終取引日の翌月から「5年」が経過している方のみです
3.ご相談の対象は
「依頼をご予定の方」に限ります。依頼をお考えでない方はご遠慮下さい。報酬の説明
4.記載事項を満たしているのに、連絡がない場合、エラーになっています。
5.ご相談によっては、回答ができない場合があります。予めご容赦下さい。対応出来ない相談事例

★強制執行(差押え)の対応法等のご相談は承っておりません。

★訴訟が確定している場合、時効には「判決確定日の翌日から最低10年」の経過が必要です。

よくあるご質問は依頼の際のよくある質問Q&A 架空請求の見分け方



「メールアドレス」をお持ちの方は必ずご記載ください》
 
メールが送受信できる方のご相談を優先します。

フォームを送る前に、携帯アドの方はPCからの受信を可能な状態にして下さい。

 アドレスの記載があると、各種事務連絡をメールでお受け取りいただくことが出来ます。また、営業時間外でもメールで事務連絡を差し上げられる場合もあります。

アドレスの記載がない方のご依頼は、通常よりも報酬を加算させて頂きます。


《相談受付フォーム》 ※フォームの内容は、 司法書士が拝見します。

ご相談は「依頼をご予定の方」に限ります。報酬の説明

依頼をされない方への「質問の回答」「ご自身で対応する場合の指導」は行っていません。

◎原則、フォーム記載の携帯番号に着信をお入れします。その後、折り返しのお電話をお願いします。

◎相談内容によっては、回答が出来ないと判断させて頂く場合もあります。

『ご相談の際の注意事項』(必読)を、お読み頂いたことを前提として対応します。

お名前 ※必須
フリガナ ※必須
ご年齢 ※必須
ご住所 ◎全てご記入下さい。 ※必須
携帯電話番号(固定電話は不可)
◎「絶対」に間違いのないよう記載下さい。
※連絡してもよい携帯番号を記載下さい。
※必須 番号に誤りがないか必ずご確認下さい。
メールアドレス(半角)
★メールが出来る方は、必ず記載下さい。

メール連絡が可能な方を優先して回答します。
◎PCからのメール受信を可能な状態にして下さい
※必須
本記載がない方のご依頼は報酬を加算します。
依頼をご予定の相手会社の名前 ※必須
請求されている債務の元金額(分かる範囲) 円 例)○○万位
請求されている遅延損害金額(分かる範囲) 円 例)○○万位
請求されている総額(分かる範囲) 円 例)○○万位
最後に返済をしたのはいつですか?(分かる範囲)  例)平成○年○月頃
最後に返済をして以降、債権者と会話をしたことはありますか? 有  無  不明 ※「有」の方は事情に会話の内容を記載下さい。
過去、時効を依頼予定の債権者から、訴訟や支払督促など裁判上の手続きをされたことがありますか? 有  無  不明
現在、訴訟をされている場合、
簡易裁判所名・事件番号・1回目の口頭弁論期日

現在、訴訟をされていますか?   はい  いいえ  不明
簡易裁判所名        例)○○簡易裁判所
事件番号           例)平成○年(ハ)第○○号
1回目の口頭弁論期日   例)平成○年○月○日
現在、簡易裁判所の支払督促をされている場合、
簡易裁判所名・事件番号・支払督促の受取日
現在、支払督促をされていますか?   はい  いいえ  不明
簡易裁判所名      例)○○簡易裁判所
事件番号         例)平成○年(ロ)第○○号
支払督促の受取日   例)平成○年○月○日
ほかにお借入のある会社があれば、会社名・債務額・契約年・取引年数・最終返済時期(分かる範囲)
★事情、経緯、質問や要望をご記載下さい。

出来る限り多くの事情や情報の記載をお願いします。
情報は多い方が、事前に検討でき、質の高い回答が出来ます。文章の体裁は構わず、自由に記載下さい。

ご質問やご要望があれば、その記載もお願いします
記載内容が薄く、何をお求めか分からない場合、何を回答してよいか困る場合があります。

◎通知等がある場合、その「タイトル」や「内容」を記載頂くと、時効の判断がしやすいです。

◎混雑時は、十分な内容の記載がされている方を優先して回答します。

《重要》

  「携帯電話番号」をお間違えになると連絡が出来ません。最後に今一度お見直しください。

◎ご相談は「依頼をご予定の方」に限定されます。報酬の説明

 



※フォーム送信後、連絡が無い場合はエラーになっています。

※本人(債務者)以外からのご相談の場合、ご相談者(フォーム送信者)の氏名・携帯電話番号も明記下さい。



時効援用代理メインページに戻る
TOPへ

サンクスページ