今回の誕生日プレゼントは何にしよう。新しい誕生日プレゼントのカタチを提案します。

男女の誕生日プレゼント選び
 HOME誕生日プレゼントの心理学>「大きいもの」より「小さいもの」を

「大きいもの」より「小さいもの」を

▼ 「大きいもの」は20代以上には通用しないことが多い

大きいものいえば、その代表が「人形」ですよね。

人形と言えば、誰が一番持っていますか?と聞かれれば、「子ども」と答える人が大半です。
大きいものは、基本的には子どもが喜ぶものなのです。

ただし、それが、ソファーやその他の家具、テレビとなってくると話は別です。
これらは、子どもが買うものではないですし、ソファーやベッドが欲しいという人もいるでしょう。

ただ、やはり大きいものは「邪魔になる」という理由や「処分に困る」ということも残念ながら多々出てきてしまうのが事実です。

▼ 「人形」が好きな人は甘えん坊?
いまいま、大きいものの例で「人形」という例を出しました。
そして、人形は「子ども」がよく持っているものだとも話しましたが、

子どもって甘えん坊ですよね。つまり、心理的にみるとこうです。

「甘えたい」→「でも甘える相手がいない」→「なにか甘えられるものを探す」→「人形に甘える」

こうゆう流れができてしまっているのです。

しかし、この「甘えたい」と言う気持ちは、成長していくにつれて
だんだんとなくなってくる。なくなっているというよりは「制御できるようになる」といったほうが正しいですが。

つまり、20歳以上の相手にプレゼントをする際は「大きいもの」はプレゼントしないほうが無難ということです。

▼ 小さいものをプレゼントしよう
この流れから、結果が見えてきてしまいましたが(汗)
ようするに、相手が20歳以上の場合「小さいもの」をプレゼントしたほうが
より効果的ということですね。


これにも根拠はあります。

さすがに20歳にもなると、さまざまな恋愛観がひとりひとりに生まれますよね。
また、ドラマなどのような、いい言葉で言えば「ロマンティック」
悪い言葉でいえば「クサい」ものを見てきているわけです。

当然ですが、精神年齢ももちろん高くなっています。
そのため、一般的なものの価値が分かっています。

小さいものというとあなたは何を思い浮かべますか?
アクセサリーやカバン、財布などが思い浮かびますよね?

そして、それらの価値はどうでしょうか?
一般的には価値の高いものが多いですよね。

つまり、言い切ってしまえば、

「子どもはモノの価値がわからない」→「大きいほうが価値があるに決まっている」→「大きいものをとる」
という一連の流れがあり、
「大人はモノの価値が分かってきている」→「アクセサリーなど小さいものにも価値があることを知っている」→「小さいもののほうがいい」

という流れができるのです。

ですから、女性の誕生日プレゼントを選ぶ時に、メインにするプレゼントは一般的に価値が高いとされているものにしましょう!



 HOME誕生日プレゼントの心理学>「大きいもの」より「小さいもの」を

男性(彼氏)の心理、女性(彼女)の心理を刺激する誕生日プレゼントの選び方とは?プレゼントを選ぶ前に知っておきたい話

上記コンテンツの応用。彼氏(男性)へのプレゼントを種類ごとにさらに深く研究。サプライズやさまざまなテクニックも紹介。

上記コンテンツの応用。彼女(女性)へのプレゼントを種類ごとにさらに深く研究。サプライズやさまざまなテクニックも紹介。

さまざまな誕生日の過ごし方を提案。ホテルに安く泊まる方法など、お得情報も極秘公開

男女の誕生日プレゼント選び簡易Menu
誕生日プレゼントの心理学  彼氏への誕生日プレゼント選び  彼女への誕生日プレゼント選び  素敵な誕生日の過ごし方
Copyright(C) 2005-2006 男女の誕生日プレゼント選び All Rights Reserved.